YouTubeなつかしの歌

     YouTubeなつかしの歌2  (70年代日本のフォークを中心に)

YouTubeから60・70年代の曲を中心になつかしの歌を集めました。

(曲名)     (歌手)   (歌詞)   (日本語名)

'1818 Stille Nacht  Michael Junior 「きよしこの夜」(オランダ語?フラマン語?)
ベルギーの12歳の少年は歌がうまいだけではなくほんとうに聞かせてくれる。後の歌ではヘルムート・ロッティを圧倒している感じ。大きくなってからの歌があまりないのが残念。
  Stille Nacht (ドイツ語)
  who'll sing with me  Michael Junior   (歌詞)
  Nur Die Schwane Wissen Wo Michael Junior(オランダ語?フラマン語?)

'13 Danny Boy  Cliff Richard & Helmut Lotti   (歌詞) 「ダニーボーイ」 - Cliff Richard & Helmut Lotti
「ダニーボーイ」は多くの歌手が歌っているがこの二人のデュエット、特に1番を歌っているクリフリチャードは最高。「ダニーボーイ」は映画でもお葬式のシーンで歌のうまい俳優(歌手かな?)が独唱する。(ショーンコネリー主演の「ファミリービジネス」や爆撃機の乗員を描いた「メンフィスベル」など)。欧米の人に一番美しい歌はと尋ねるダニーボーイを挙げる人が多いと聞いたことがある。私の1番好きな歌です。
  by Michael Londra  Michael Londra   The Water is Wide (Irish taditional)

'39 Somewhere Over The Rainbow  Judy Garland   (歌詞) 「虹のかなたに」   ジュディー・ガーランド

'40 When you wish upon a star   (歌詞はAbout This Video のmoreをクリック) 「星に願いを」   

'55 Only You  The Platters   (歌詞) 「オンリーユー」 ザ・プラターズ  

'56 Que Sera, Sera (Whatever Will Be Will Be)  Doris Day   (歌詞) 「ケセラセラ」 ドリス・デイ  
一言。スペイン語のケ・セラ・セラをドリス・デイがケイ・セラ・セラと歌っているのは、英語で[e]の音が語末には現れることがないため。そのため似た[ei]で置き換えられているのです。ちなみにラテン的なのりが売りのHermes House Bandが歌うとケ・セラ・セラと原語に近く発音しています。
  by Hermes House Band

'62 Mr. Lonely  Bobby Vinton   (歌詞) 「ミスターロンリー」   ボビー・ヴィントン
  the Lettermen

'63 Puff The Magic Dragon  Peter, Paul & Mary   (歌詞) 「パフ」   PPM   日本語の解説はこちら

'64 500 Miles  Peter, Paul & Mary   (歌詞) 「500マイル」   PPM

'63 The end of the world  Skeeter Davis   (歌詞) 「この世の果てまで」   スキータ・デイビス

  by The Carpenters  

'63 Rhythm of the Rain  Cascades   (歌詞) 「悲しき雨音」   カスケーズ

'64 Non ho l'eta  Gigliola Cinquetti   (歌詞) 「夢見る想い」(伊語)    ジリオラ・チンクエッティ

'65 In un fiore  Wilma Goich   (歌詞) 「花のささやき」(伊語)    ウィルマ・ゴイク

'65 In My Life  The Beatles   (歌詞)  「イン・マイ・ライフ」  ザ・ビートルズ

'66 Yesterday  The Beatles   (歌詞)  「イエスタデイ」  ザ・ビートルズ   (**ザ・ビートルズの歌詞一覧**)

'66
love me please love me  Michel Polnareff   (歌詞)  「愛の願い」 (仏語)  ミッシェル・ポルナレフ

'66 The Sounds of Silence  Paul Simon and Art Garfunkel   (歌詞)  「サウンド・オブ・サイレンス」  サイモンとガーファンクル

'66 Scarborough Fair  Paul Simon and Art Garfunkel   (歌詞)  「スカボローフェア」  サイモンとガーファンクル

'70 Bridge Over Troubled Water  Paul Simon and Art Garfunkel   (歌詞)  「明日に架ける橋」  サイモンとガーファンクル  

'66 let it be  The Beatles   (歌詞)  「レット・イット・ビー」  ザ・ビートルズ

'67 A whiter shade of pale  (歌詞はAbout This Video の詳細をクリック)Procol Harum 「青い影」 プロコ・ハルム   

'67 Daydream Believer  The Monkees   (歌詞)  「デイドリーム・ビリーバー 」 モンキーズ  

'67 Can't Take My Eyes Off You  Boys Town Gang   (歌詞)  「君の瞳に恋してる」  Boys Town Gang(オリジナルはFrankie Valli & The Four Seasons)

'67 Happy Together  The Turtles   (歌詞)  「ハッピー・トゥゲザー」  タートルズ  

'67 Massachusetts  Bee Gees   (歌詞) 「マサチューセッツ」    ビージーズ

'67 San Francisco  Scott McKenzie   (歌詞) 「花のサンフランシスコ」    スコット・マッケンジー

'67 L'amour est bleu  Vicky Leandros   (歌詞)  「恋は水色」(仏語)  ヴィッキー・レアンドロス 
僕の一番好きな歌手。レコードのジャケットの写真でしか知らなかった僕がYouTubeで動くヴィッキーの映像を見たときは、抱いていたイメージ通りだと感激しました。生年に2説あって、当時15歳か18歳てことになる。どちらにしてもこの若さで情感のこもった歌い方のできる女性歌手はその後いないと思います。YouTubeさまさまです。

'68 Le temps des fleurs  Vicky Leandros   (歌詞)  「悲しき天使」(仏語)  ヴィッキー・レアンドロス 

'68 those were the days  mary hopkin    (歌詞)  「悲しき天使」  メリー・ホプキン

    by Red Russian Army Choir & Leningrad Cowboys

    by Helmut Lotti

    by Hermes House Band

'68 Irresistiblement Sylvie Vartan 「あなたのとりこ」(仏語)  シルビー・バルタン

'68 Rain and Tears  Aphrodites Child   (歌詞) 「雨と涙」    アフロディテス・チャイルド

'68 Manchester & Liverpool  PINKY & THE FELLAS   (歌詞) 「マンチェスターとリパブール」    ピンキーとフェラス

'69 Comment Te Dire Adieu  Francoise Hardy   (歌詞)   (歌詞)  「さようならを教えて」(仏語)  フランソワーズ・アルディ  

'69 One Is The Loneliest Number   Three Dog Night   (歌詞) 「ワン」    スリー・ドッグ・ナイト

'70 An Old Fashioned Love Song  Three Dog Night   (歌詞) 「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」    スリー・ドッグ・ナイト

'70 Close to you  Carpenters   (歌詞) 「遙かなる影」   カーペンターズ

'70 Pour un flirt (仏語)  Michel Delpech   (歌詞) 「青春に乾杯!」   ミッシェル・デルペッシュ

'70 Your song  Elton John   (歌詞) 「君の歌」    エルトン・ジョン

'70 Raindrops Keep Falling On My Head  B.J.Thomas   (歌詞) 「雨に濡れても」   BJトーマス

'70 Venus  Shocking Blue   (歌詞) 「ビーナス」   ショッキング・ブルー

'70 Never Marry A Railroad Man  Shocking Blue   (歌詞) 「悲しき鉄道員」   ショッキング・ブルー

'70 I'll Never Fall In Love Again  Dionne Warwick   (歌詞) 「恋よ、さようなら」   ディオンヌ・ワーウィック

'70 When I Need You  Leo Sayer   (歌詞) 「はるかなる想い」   レオ・セイヤー

'70 She's My Kind Of Girl  Bjorn & Benny   (歌詞) 「木枯らしの少女」   ビヨルン&ベニー

'71 Imagine  John Lennon   (歌詞) 「イマジン」 ジョン・レノン
「キリングフィールド」など多くの平和をうったえる映画の中でも使われました。宗教的(というより無神論的?)メッセージの歌。歌詞を読んで戦争、平和、宗教について考えてほしい。

'71 If  Bread   (歌詞) 「イフ」 ブレッド
50年代以降で最もメロディーが美しい(と僕が思う)歌。歌詞はスケールの大きさ(ギリシャ神話の時代から宇宙の終わりまで)も一番。歌詞が2番までしかなくすぐ終わってしまうのが残念。

'71 You've Got A Friend  James Taylor   (歌詞) 「君の友達」    ジェームス・テイラー/キャロル・キング

  by Carole King  

  by Carole King,Celine,Gloria,Shania  

'71 Have you ever seen the rain?  Creedence Clearwater Revival   (歌詞) 「雨を見たかい」   クリーデンス・クリアウォータ・リバイバル

'71 Take Me Home Country Roads  John Denver   (歌詞) 「カントリー・ロード」   ジョン・デンバー

'74 Sunshine On My Shoulders  John Denver   (歌詞) 「太陽を背にうけて」   ジョン・デンバー

'74 Annie's Song  John Denver   (歌詞) 「緑の風のアニー」   ジョン・デンバー

'72 Wir leben, wir lieben(独語)  Katja Ebstein 「Wir leben, wir lieben」   カーチャ・エプシュタイン

'72 Without You  Harry Nilsson   (歌詞) 「ウイザウト・ユー」   ハリー・ニルソン

'72 A Horse With No Name  America   (歌詞) 「名前のない馬」   アメリカ

'72 Alone Again  Gilbert O'Sullivan   (歌詞) 「アローン・アゲイン」    ギルバート・オーサリバン

'72 It Never Rains in Southern California  Albert Hammond   (歌詞) 「カリフォルニアの青い空」 アルバート・ハモンド

'73 For the Peace of All Mankind  Albert Hammond   (歌詞) 「落ち葉のコンチェルト」   アルバート・ハモンド

'72 Day After Day  Bad Finger   (歌詞) 「デイアフターデイ」    バッドフィンガー

'73 The way we were  Barbra Streisand   (歌詞) 「『追憶』のテーマ」   バーブラ・ストライサンド

'73 Killing Me Softly with his song  Roberta Flack   (歌詞) 「やさしく歌って」   ロバータ・フラック

'72 Ben  Michael Jackson   (歌詞) 「ベン」   マイケル・ジャクソン
整形前のマイケル・ジャクソンの方が好きです。ベンは映画にでてくる賢いねずみの名前。 今はなき愛犬の名前もベンでした。

'75 Dance With Me  Orleans   (歌詞)  「ダンス・ウィズ・ミー」  オーリアンズ

'76 Love is blind  Janis Ian   (歌詞)  「恋は盲目」  ジャニス・イアン

'76 Bohemian Rhapsody  Queen   (歌詞)  「ボヘミアン・ラプソディ」  クィーン

'76 Hotel California   (歌詞はAbout This Video の詳細をクリック)The Eagles 「ホテル・カリフォルニア」   イーグルス

'77 We're All Alone  Rita Coolidge   (歌詞) 「We're All Alone」   リタ・クーリッジ

'77 I've Never Been To Me Charlene   (歌詞) 「愛はかげろうのように」   シャーリーン (ヒットしたのは82年)

'77 The Stranger  Billy Joel   (歌詞) 「ストレンジャー」   ビリー・ジョエル

'78 Honesty   Billy Joel   (歌詞) 「オネスティ」   ビリー・ジョエル

'81 Arthur's Theme (Best That You Can Do)   Christopher Cross   (歌詞) 「ニュー・ヨーク・シティ・セレナーデ」   クリストファー・クロス

'82 Golden Brown   The Stranglers   (歌詞) 「ゴールデンブラウンデ」   ストラングラーズ

'83 Every Breath You Take  The Police   (歌詞)  「見つめていたい」    ポリス

'83 Do you really want to hurt me  Culture club   (歌詞)  「君は完璧さ」  カルチャークラブ  

'84 The War Song  Culture club   (歌詞)  「戦争の歌」  カルチャークラブ  

'84 The Neverending Story  Limahl   (歌詞)  「ネバーエンディング・ストーリー」 リマール  

'89 Lost in your eyes  Debbie Gibson   (歌詞)  「ロスト・イン・ユア・アイズ」  デビー・ギブソン
60・70年代の香りのする最も新しい曲。昔から知っていた曲ではなくYouTubeで偶然見つけました。